「WRESTLE-1 TOUR 2017 AUTUMN BOUT」

平成29年11月5日(日)~平成29年11月19日(日)

201711.19(SUN)

「WRESTLE-1 TOUR 2017 AUTUMN BOUT」11.19千葉・Blue Field大会
開催日:2017年11月19日
時間:13時開始/12時30分開場
場所:千葉・Blue Field
住所:千葉県千葉市中央区都町3丁目4-17
TEL:043-214-6960
アクセス:
JR千葉駅 東口バスターミナル のりば1「大宮団地・大宮市民の森」行 または のりば10「中野操車場・いずみ台ローズタウン・成東駅」行に乗車 →「旭町」バス停下車

第一試合
タッグマッチ 30分1本勝負
    • 稲葉 大樹/NEW ERA

    • 伊藤 貴則/NEW ERA

    • 河野 真幸/TriggeR

  • 11分27秒
  • PK→エビ固め

まずは稲葉と伊藤が一を捕獲。稲葉が逆エビ固めで締め上げれば、伊藤は重爆キックで蹴り飛ばす。一のエルボーによる反撃もキックで遮断されてしまう。それでも一は気合いを入れてエルボーアタックで稲葉に反撃。ようやく河野にタッチした。河野はニークラッシャーで稲葉の膝を傷めつけてから足4の字固めへ。しかし、これを伊藤がカット。NEW ERA組はトレイン攻撃から伊藤のサッカーボールキック、稲葉のエルボーアタック、さらにダイビングヘッドバットで河野を追い込んでいく。しかし、河野もこれを返すと、タッチした一が巨体の伊藤をボディスラムで投げようと何度も試みる。さすがに持ち上がらないものの、エルボーアタックで伊藤をなぎ倒すとSTFへ。しかし、ここは稲葉がカット。伊藤はファルコンアロー気味にマットに串刺しにすると、水面蹴りで倒し、最後はPKで一にトドメを刺した。

稲葉&伊藤のコメント
稲葉 伊藤も調子がドンドン上がってきているんで後楽園まで楽しみですね。あとは意気込みを言ってくれ。
伊藤 一は張り合いがないね。河野さんとはNEW ERA入ってから始めてだったけど、あんまり絡みがなかったですけどね。今日見ての通り俺は調子がいいんで、次の後楽園はこのままぶっ飛ばします。

河野&一のコメント
一 重たい。重たい蹴りが重たいッス。
河野 今日、NEW ERAあいつが選んで初めて当たったけど、勢い良く、元気良くやってたから。あいつが選択した結果でいいパフォーマンスができるんであれば最良のチョイスだったと思うし。元パートナーとしては俺も勝てなかった芦野。そこは伊藤なら崩せるのかなっていう。あいつのキャリアとかがない分できちゃう。俺たちだったら踏み止まっちゃうけど、あいつは若さでいけるかもしれないから。それは芦野もそうなんだけどね。だけどそういうところかな。伊藤が元気よくやってるんだったら全然。ただ、俺の邪魔をするんだったらぶっ飛ばすぞっていうだけ。正面に立った時は遠慮なく潰させていただきます。でも、久々に絡めてよかったね。
一 W-1の上のレベルにはまだ全然到達してないけど、僕はACEをこれからもっと引っ張って、次の大会を安心して会社ができるようにしてACE新木場までもう一度あげます。

第二試合
シングルマッチ 30分1本勝負
    • 三富 政行

    • ドランク・アンディ/Enfants Terribles

  • 7分48秒
  • ジャックナイフ式エビ固め

一騎打ちを要求しているアンディより一足お先に三富がドランクと一騎打ち。序盤からドランクが翻弄。場外にいる三富に花道からダイブをかまし、ロープで顔面をこすって視界を遮る。しかし、コブラツイスト合戦を制した三富は得意のソルティクラッチへ。だが、ここで立花が花道から登場。三富の気を引いてる隙に三富を丸め込みにかかる。これを脱した三富はトラースキックを食らわせるが、ドランクに効いているのか効いていないのかわからない。翻弄されるままの三富だったが、ロープに飛んだところに立花の竹刀が炸裂。ドランクにジャックナイフで丸め込まれて3カウント負けを喫した。

ドランクのコメント(立花が代弁)
立花 前にも言った通り、こいつはアンディ・ウーに憧れてるんだよ。こいつ自身が憧れのアンディになるんだよ。もうドランクじゃねえんだよ。憧れのアンディ・ウーになるんだよ。覚えとけ、この野郎。

三富のコメント
三富 最後何が起きたんだ……? そういえば皇を追放したのに、メキシコに行くんだろ? またW-1の甘やかしが始まったな。そして、W-1の第2の矛盾。ポッとでのレスラーはいつの間にかどこかに消えてしまう。新しいキャラクターのドランク作ったけど、いなくなるのはやめてくれよ。俺はこれからも矛盾をついていく。とにかく痛い! 痛い!

第三試合
タッグマッチ 30分1本勝負
    • 吉岡 世起/NEW ERA

    • MAZADA

    • アンディ・ウー/NEW ERA

    • 頓所 隼

  • 10分40秒
  • ラ・マヒストラル

文体でクルーザー王座を争った吉岡とアンディの先発で試合開始。スピーディーな攻防で場内を沸かせる。続くMAZADAと頓所はエルボー合戦を行なうと思いきや、MAZADAがサミング攻撃で展開を変える。しかし、頓所は慌てることなくカウンターのエルボーで反撃だ。そんな頓所の攻撃をものともせずにMAZADAはカウンターのバックエルボー、ボディスラム。頓所を捕まえると、今度は吉岡がボディスラムからフィストドロップだ。そして、頓所の足を固めてキャメルクラッチに捕獲する。さらにMAZADAはレフェリーの気をそらして紐を使ったチョーク攻撃、急所攻撃で頓所を蹂躙していった。ドロップキックでこれを逃れた頓所はアンディにタッチ。代わったアンディは得意の拳法技でMAZADAを攻撃。しかし、こちらも代わった吉岡が得意の蹴り技でリードしていく。しかし、アンディと頓所は吉岡を捕獲。頓所のミサイルキックが炸裂する。だが、吉岡はすぐさま展開を変えると、MAZADAも加わった連係攻撃でアンディを場外に排除。頓所は吉岡にドラゴンスープレックスを狙うが、これを阻止されラ・マヒストラルで3カウントを喫した。

吉岡のコメント
「調子はいいッスね。蹴撃戦、再びとか煽られてるけど、蹴り使わなくてもこんだけできるから。蹴りだけのレスラーじゃないから。一番の売りが蹴りなだけでね。まあ頓所もタイトルマッチが終わって気が抜けているのかもしれないけどもっとがんばんないと。アンディさんも偽者退治で忙しいのかもしれないけど、いつでもクルーザー待ってますから」

アンディのコメント
「最近ドランクとのストレスのある試合ばっかりだったんで、クルーザー級っていう試合ができたのでめっちゃ楽しかったですね。一日も早くドランクを片付けて、また吉岡とかMAZADA選手とかクルーザーの第一線でやっている選手とガンガンやっていきたいですね」

第四試合
タッグマッチ 30分1本勝負
    • 黒潮“イケメン”二郎/NEW ERA

    • 佐藤 嗣崇

    • 火野 裕士

    • ジェイク・オーメン

  • 11分51秒
  • Fucking BOMB→体固め

先発したイケメンはジェイク相手に固め技を決めればポーズ。やられても立ち上がってポーズと相変わらずのハイテンション。しかし、火野が出てくると場外に一目散に逃げまくり、場内を混乱に陥れてしまった。ここでイケメンから代わった佐藤が捕まる。火野、ジェイクに交互にボディスラムで叩きつけられてしまう。なんとか反撃を試みる佐藤だが、火野はエルボーを打っても、ボディスラムで投げようとしてもびくともしない。声援に応えてなんとか投げられたものの、火野&ジェイクの巧みな連係攻撃から逃れることができない。またも交互にいたぶられてしまったが、なんとかエルボーアタックをかまして脱出してみせた。そして、再びイケメン登場。テンション高く攻め込み、火野が出てきても対峙。佐藤と二人がかりでブレーンバスターで投げ飛ばして、佐藤にあとを託す。佐藤はストレッチ式のオクラホマスタンピートをジェイクに決めるが、反撃もここまで。最後はイケメンが場外で釘付けにされている間に火野のFucking Bombで3カウントを奪われたのだった。

火野&ジェイクのコメント
火野 タッグリーグ、ウチら結果出したよね。1敗だけしてしもうたけどそれ以外は負けなしや。その後も火野&ジェイクで続けていったけど、負けがないんやな。ノールーズね。
ジェイク 俺たちは1回も負けてない!
火野 だから、ウチらがベルトにそろそろ挑戦したほうがいいよね。このW-1という会社がどう思っているかわからんけど、なんでさっさとこのチームに挑戦させんのかわからへんよ。挑戦させえや。対戦相手が誰だかはぶっちゃけ気にしてないから、誰でもいいよ。誰であろうとウチらが勝つんやろうと。そういう話やから。今日のメインで誰がチャンピオンになるの? 誰でもOKよね。土肥熊、カズ&近藤。どっちでもええよ。勝つのは火野とジェイク、それは決まってることや。

イケメン&佐藤のコメント
イケメン やっぱ強いよね。でも、でけえ奴に勝つ秘策あるからな。お前でかいからいいじゃん。
佐藤 いや、まだまだ。
イケメン まだまだだな。俺もお前も小学校1年生。
佐藤 がんばります!

第五試合
UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
    • 芦野 祥太郎/Enfants Terribles

    • 児玉 裕輔/Enfants Terribles

    • 立花 誠吾/Enfants Terribles

    • 征矢 学/new Wild order

    • ダイナソー拓真

    • 吉野コータロー

  • 15分8秒
  • アンクルロック

※第60代王者組・芦野祥太郎&児玉裕輔&立花誠吾は2度目の防衛に成功。

序盤から征矢組は3人がかりで児玉に攻めかかるが、Enfants Terriblesはあっという間に逆転。征矢を捕獲して蹂躙していく。場外に出されれば、セコンドのドランクも加わって征矢を攻撃。征矢は児玉、芦野、立花と順繰りに左足を責められ、反撃の糸口がなかなか見えない。場外に出されても攻撃を食らってしまった。しかし、持ち前のパワーで児玉を投げ飛ばしてようやく脱出。代わったダイナソーが王者組を蹴散らす。そして、吉野も入ってきて、サンドイッチ攻撃を立花に食らわした。吉野もヒップを立花に食らわし、ボディプレス。征矢も先程の鬱憤を晴らすかのように、まとめてを食らわしていく。そして、ダイナソーと吉野の合体技のあと、芦野にショートレンジのラリアット。続けてトドメのワイルドボンバーだ。しかし、正面からの一撃をかわされ、コーナーに激突したところを児玉のキックが待ち受ける。さらに芦野にジャーマンで投げられ、児玉のマッドスプラッシュを続けて被弾。最後は芦野にアンクルロックで捕まり万事休す。逃れることができずにタップアウトさせられた。


芦野&児玉&立花のコメント
芦野 なんだあれは恐竜か?
立花 絶滅したんじゃねえのかよ。
芦野 まあ、今日のワイルドコールのなさ。あれが現状だよ。ベルト挑戦してきた時は違ったよ。今日の見たか?
児玉 ただふざけてるだけだよ。
立花 全然俺のほうが人気ッスね。
芦野 どうしちゃったのあいつ? あのやり方でやりたいならやったらいいよ。それだったら絡んでほしくない。俺らはW-1上げていくことを考えてやってるから。W-1を正しい方向に導くのが俺らだから。ヘラヘラやってたらダメだよ。
児玉 あとアフロと恐竜の子が元気よかったね。
芦野 会社もあいつが言っただけでタイトルマッチ組むんじゃねえよ。大変だろ? 考えろ、会社も。W-1のアホどもがよ、よく覚えておけ。

征矢&ダイナソー&吉野のコメント
吉野 試合終わった肉! 肉!
征矢 今日、負けた。
吉野 負けてない。
征矢 負けた、負けた! チーム、チーム!
吉野 肉! 肉! 
征矢 セーム、セーム! 同じね! わかる?
吉野 肉! 肉!
征矢 ノー肉。ラーメン? 肉ない。でも、楽しかったな。OK、OK! でも、これで終わりじゃないから。またやっていくから。会社がどう判断するかわかんないけど。明るく楽しく激しく。今日もお客さんが最高に盛り上がってた。それが正解だ。

第六試合
WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
    • カズ・ハヤシ

    • 近藤 修司/TriggeR

    • 土肥 孝司/NEW ERA

    • 熊ゴロー/NEW ERA

  • 19分47秒
  • ダイビングセントーン

序盤からいきなり熊ゴローのセントーンが珍しく炸裂。そのままカズを捕獲し、土肥熊が有利に進めるかに見えた。しかし、カズはニーリフトを連発して熊ゴローの顔面を攻撃。さらに膝を落とし、グーで殴ったりと荒っぽい技で熊ゴローを追い込む。代わった近藤も馬乗りになり拳で攻撃。熊ゴローは鼻血を出して悶絶だ。しかし、近藤は攻撃の手を緩めない。腕で熊ゴローの鼻をこすり、低空のドロップキックを顔面にぶち込む。続いてカズも花道から助走をつけてロープの間からドロップキック。熊ゴローの顔面に集中攻撃だ。カズは場外に熊ゴローを出してイス攻撃。そんな中、熊ゴローは渾身のフライングソーセージを放って、ようやくこの拷問地獄から脱出した。やっとタッチを受けた土肥はボディスラムで近藤、カズを蹴散らし、まだヘロヘロの熊ゴローを呼び込んでトレイン攻撃をぶちかます。しかし、熊ゴローはここでも顔面に足を受け、土肥も近藤にまとめて蹴散らされてしまった。それでも土肥は近藤にスパインバスターを返してタッチ。だが、タッチを受けた熊ゴローがカズにライオンサルト、さらに顔面パンチを受けてしまう。しかし、熊ゴローもひるまない。バックフリップでお返して、コーナーに上ってセントーンの体勢に入る。だが、近藤がすかさずこれを阻止。カズに捕まりツームストンパイルドライバーの餌食となってしまった。そんな熊ゴローに246はトラースキックとラリアットのサンドイッチ攻撃。続けてカズがファイナルカットの体勢から熊ゴローの首にネックブリーカーだ。さらに近藤は熊ゴローをコーナーに上げると膝を使った雪崩式のネックブリーカー。熊ゴロー、絶対絶命のピンチだ。しかし、それでも闘志が萎えない熊ゴローは246の撹乱戦法を誤爆させて、流れを変える。土肥がハーフネルソンスープレックスでカズと近藤を順番に投げ飛ばし、熊ゴローもラリアットで近藤をなぎ倒す。さらに土肥のギロチン、熊ゴローのセントーンの合体技が同時に炸裂。続けて土肥熊はダブルインパクト式のフェースクラッシャーを決めると、最後は熊ゴローがダイビングセントーン! 近藤を圧殺し、3カウントを奪って、土肥熊がタッグ王座奪回に成功した。

カズ&近藤のコメント
カズ 畜生! 厳しいな。今日、何の日か知ってる? カズ・ハヤシ25周年記念日ですよ。なのにこういうものには関係なく勝負でいかれちまったよ。俺的にはね、せっかく25年間ここまでできたので、近ちゃんとも歴史を作ってきたし、是非W-1で25周年記念試合というものをやりたいなって思います。本当は今日だけどね。これから考えますわ。
近藤 まあどこかで聞いたことのあるフレーズを言ったらこれが現実なんでしょう。会社にとっても個人にとってもお客さんにとってもこれが現実。またちょっと考えます。ゆっくりと。

土肥&熊ゴローのコメント
熊ゴロー やっと戻ってきましたね。
土肥 3回目だよ。
熊ゴロー スリータイムズチャンピオン。
土肥 今度こそころっと落とさないようにしないとね。今度こそ長期政権築かないとね。
熊ゴロー しかし、やばいでしょう、これ。
土肥 全然折れてないでしょう。
熊ゴロー 痛い、痛い!
土肥 病気とか大丈夫?(笑)。KAIENTAIさんに迷惑かけちゃうから。
熊ゴロー ASQUAさんで消臭して帰ります(笑)。
土肥 戦意喪失してたな。
熊ゴロー 今は血が固まってて息がしづらいです。
──顔が不細工なのは今日の試合のせい?
熊ゴロー 今日は関係ないですね。いつも……(笑)。いつも二枚目ですよ。二枚目よりも三枚目のほうがイケメン?
土肥 二枚目のほうがイケメン。三枚目はおもしろい。お前は五枚目ぐらい。おもしろくもないし顔もよくない。
熊ゴロー じゃあ五枚目と二枚目のタッグですよ。
土肥 まあ次、防衛戦。無理にやることないけど。
──火野&ジェイクが挑戦させろと言っています。
熊ゴロー なんで? 勝ってますよ。いいよ、火野裕士は。勝ってるでしょう。
土肥 でも熊ゴローふうに言うならいつ何時どこでも挑戦受けるんだろ?
熊ゴロー もうチャピオンだから選んでもいいと思う。
──熊ゴロー選手は火野選手に伊佐沼大会でシングルで負けてますよね。
熊ゴロー でも、シングルとタッグは違うから。タッグでぶちかましてやりますよ。ジェイク・オーメンを。
土肥 まあ火野&ジェイク組ね。いいじゃない、もう一回やっても。あれは準決勝だったし、短期決戦狙ってたから。これで勝ったら言ってこないでしょう。
熊ゴロー 2回土をつければ。じゃあ、また特訓だ。一難去ってまた一難だ。頼みますよ。
土肥 そう言えば今年、新春喧嘩祭りってやったの知ってる? もうすぐ新春だと思ってさ。その辺もそろそろ考える。
熊ゴロー やるとしたら対戦相手は誰でしょうか?
土肥 誰がいいか? 皆さん、お客様に決めてもらいましょう。
熊ゴロー いいかもしれないですね、投票。どこかのプロレス団体もやってたじゃないですか? メインとセミを。
土肥 またちょっと決まったら発表したいですね。そんなに大きく書かないでください(笑)。新春は厳しそうだけど、またちょっとやりたいなって気持ちはあるという感じでお願いします。
──2度負けている246に勝てた要因はなんですか?
土肥 苦手ですよね。今日闘っても思ったけど。翻弄されちゃうからな。でも、熊ゴローがいつもタッグで強気だったんだけど、シングルでパッとしないところがあって芦野戦を踏まえて変わったかなって。熊ゴロー、やる気出たなっていう。
熊ゴロー やる気はあった。結果が伴わなかった。
土肥 プレッシャーに弱いじゃん? でも、自ら権利証を持っていたのに自分で行くと言って。負けてしまったけど、いつもと違う熊ゴローを見せてくれて勝因はそこかなって。熊ゴローの変化。名前も変えるかもしれないし。鈴木優也で。土肥鈴で(笑)。鈴木優也になること怖がってんじゃねえぞ。
熊ゴロー パッとしない名前ですからね(笑)。
土肥 おい! お前、母ちゃんに謝れ。ママゴローがんばってますよ。

WRESTLE-1 OFFICIAL GUIDE